見積もりについて勉強したことを色々スライドにしてみた

見積もりについて思ってることとかをまとめてみました。

マネージメントの実戦経験というよりソフトウェア開発手法について学んだ結果のアウトプットみたいなノリでみていただければ幸いです。

社内勉強会で話したので会社のスライド使ってますが、会社が今こうというわけではなく一般的な話にとどめています。(あとstudy_lean_agileっていう名前の勉強会なんですが、このスライドはリーンもアジャイルもあまり意識していません)

前半は自分なりの考え方、後半は具体的にはこうしたらいいんじゃないかと思っていることという風に分けています。

www.slideshare.net

www.slideshare.net

descriptionにもちょっと書いてあるんですが、「見積もりと計画は違う」みたいな話とか「じゃあ見積もりについてはこれでいいとして計画はどうすればいいの?」みたいな話とかいろいよ残っているので続きを書く予定です。

こういう価値観をどう広めるのか?も難しい問題だと思うのでその辺も入れないと、なんかもにゃっとするかなとは思うので、また何か考えたらそこについても書いていきたいなと思います。

あと割とベーシックな話で終わってしまってるので、もうちょい突っ込んだ話もどこかでまとめたい(とはいってもそんなに深掘りできてはいないんですが)

本については色々載せたけど個人的には以下の二冊が好きです。

他の名著情報があったらぜひ教えてください。

magnoliaで素振り

magnoliaは型クラスのインスタンス自動導出のためのscalaライブラリです。 GitHub - propensive/magnolia: A better generic macro for Scala

既にscalaz-magnoliascalacheck-magnolia などがリリースされています。

公式チュートリアルもしっかりとあり、それに加えて特に何かというわけではないんですが最近本ばっかり読んでてあんまり色々いじれてないので個人の素振り備忘録です。 (つまりこの記事よりも Magnolia: Home を見たほうが良いです)

magnolia特長

型クラスの自動導出自体はshapelessでもできますが、Genに移した後HListとCoproduct用のインスタンスを定義して〜とやると意外とコード量が増えたりコンパイルエラーが起きてデバッグする時間が多くなったりします。

magnoliaを使うと以下のようなメリットが得られます。

  • 短く書ける
  • 導出に失敗した際のデバッグメッセージが詳しく出る
  • shapelessに比べて4~15倍速いcompile時間

ただフリーランチというわけではなく以下のような弱点もあります。

  • まだexperimentalなので色々変わるかもしれない
  • 一部型チェック諦めてるのでClassCastExceptionが実行時に出る可能性がある
  • 現時点ではhigher-kindな型クラス(Functor)の導出はできない

やってみた

チュートリアルとほぼ内容同じなので解説はそっち読んで貰えればと思います。 チュートリアルの延長線上でStringじゃなくて型名とパラメータ名を構造化してほしいなって思ったのでMapDumpみたいな物を作ってみました。 https://github.com/matsu-chara/magnolia-example

package example.domain

case class UserId(value: Long) extends AnyVal
case class UserName(value: String)

sealed trait UserType
object UserType {
  case object Normal extends UserType
  case object Premium extends UserType
}

case class User(
  id: UserId,
  name: UserName,
  tpe: UserType
)
package example

import example.domain.{User, UserId, UserName, UserType}
import example.dump.MapDump

object Main extends App {
  val u1 = User(UserId(1L), UserName("sato"), UserType.Normal)

//  if derivation failed, then output
//  Main.scala:11:22: magnolia: could not find MapDump.Typeclass for type Long
//       in parameter 'value' of product type example.domain.UserId
//       in parameter 'id' of product type example.domain.User
  println(MapDump.gen[User].dumpAsMap(u1))

//  same as above. but no debug output
//  (User,Map(id -> (UserId,UserId(1)), name -> (UserName,Map(value -> (string,sato))), tpe -> (Normal,Normal)))
  println(implicitly[MapDump[User]].dumpAsMap(u1))
}
package example.dump

import magnolia._

import scala.language.experimental.macros

trait MapDump[A] {
  /** return
    * (className, Map(param1 -> value1, param2 -> value2))
    * or
    * (className, value1)
    * when value class or object
    */
  def dumpAsMap(value: A): (String, Any)
}

object MapDump extends GenericMapDump {
  def apply[A](f: A => (String, Any)): MapDump[A] = new MapDump[A] {
    override def dumpAsMap(value: A): (String, Any) = f(value)
  }

  implicit val stringDump: MapDump[String] = MapDump[String] { value =>
    ("string", value)
  }

  implicit val longDump: MapDump[Long] = MapDump[Long] { value =>
    ("long", value)
  }
}

trait GenericMapDump {
  type Typeclass[T] = MapDump[T]

  def combine[T](ctx: CaseClass[Typeclass, T]): Typeclass[T] = new Typeclass[T] {
    override def dumpAsMap(value: T): (String, Any) = {
      val valueOrMap = if (ctx.isValueClass || ctx.isObject) {
        value
      } else {
        ctx.parameters.map { p =>
          p.label -> p.typeclass.dumpAsMap(p.dereference(value))
        }.toMap
      }
      (ctx.typeName.short, valueOrMap)
    }
  }

  def dispatch[T](ctx: SealedTrait[Typeclass, T]): Typeclass[T] = new Typeclass[T] {
    override def dumpAsMap(value: T): (String, Any) = ctx.dispatch(value) { sub =>
      sub.typeclass.dumpAsMap(sub.cast(value))
    }
  }

  implicit def gen[T]: Typeclass[T] = macro Magnolia.gen[T]
}

この型クラス何の役に立つんだろう・・・?というツッコミとか色々有る気がするけどとりあえず動いてるのでセーフ。

せっかくなのでdecodeも作ってみました

package example

import example.domain.{User, UserId, UserName, UserType}
import example.dump.{MapDump, FromDumpedMap}

object Main extends App {
  val u1 = User(UserId(1L), UserName("sato"), UserType.Normal)

  // User(UserId(1),UserName(sato),Normal)
  val dumped = MapDump.gen[User].dumpAsMap(u1)
  println(FromDumpedMap.gen[User].constructFrom(dumped))
}
package example.dump

import magnolia._

import scala.language.experimental.macros
import scala.util.control.NonFatal

trait FromDumpedMap[A] {
  def constructFrom(value: (String, Any)): A
}

object FromDumpedMap extends GenericFromDumpedMap {
  def apply[A](f: (String, Any) => A): FromDumpedMap[A] =
    new FromDumpedMap[A] {
      override def constructFrom(value: (String, Any)): A = f(value._1, value._2)
    }

  implicit val stringDump: FromDumpedMap[String] = FromDumpedMap[String] {
    case (clazz, param: String) if clazz == "string" =>
      param
    case arg =>
      throw new IllegalArgumentException(s"failed to decode. $arg")
  }

  implicit val longDump: FromDumpedMap[Long] = FromDumpedMap[Long] {
    case (clazz, param: Long) if clazz == "long" =>
      param
    case arg =>
      throw new IllegalArgumentException(s"failed to decode. $arg")
  }
}

trait GenericFromDumpedMap {
  type Typeclass[T] = FromDumpedMap[T]

  def combine[T](ctx: CaseClass[Typeclass, T]): Typeclass[T] = new Typeclass[T] {
    override def constructFrom(value: (String, Any)): T = {
      if (ctx.isValueClass || ctx.isObject) {
        try {
          value._2.asInstanceOf[T]
        } catch {
          case NonFatal(e) => throw new IllegalArgumentException(s"failed to decode. $ctx $value", e)
        }
      } else {
        ctx.construct { p =>
          val paramMap = try {
            value._2.asInstanceOf[Map[String, (String, Any)]]
          } catch {
            case NonFatal(e) => throw new IllegalArgumentException(s"failed to decode. $ctx $value", e)
          }

          val param = if (paramMap.contains(p.label)) {
            paramMap(p.label)
          } else {
            throw new IllegalArgumentException(s"failed to decode. $ctx $p $value")
          }
          p.typeclass.constructFrom(param)
        }
      }
    }
  }

  def dispatch[T](ctx: SealedTrait[Typeclass, T]): Typeclass[T] = new Typeclass[T] {
    override def constructFrom(value: (String, Any)): T = {
      val (subtype, subTypeValue) = ctx.subtypes.find(_.typeName.short == value._1) match {
        case Some(sub) =>
          try {
            (sub, value._2.asInstanceOf[sub.SType])
          } catch {
            case NonFatal(e) => throw new IllegalArgumentException(s"failed to decode. $ctx $value", e)
          }
        case _ => throw new IllegalArgumentException(s"failed to decode. $ctx $value")
      }
      subtype.typeclass.constructFrom((value._1, subTypeValue))
    }
  }

  implicit def gen[T]: Typeclass[T] = macro Magnolia.gen[T]
}

この形式をデシリアライズしたい人間は居るのか?というところは置いといて出来てそうです。 (そしてちゃんとやるならStringじゃなくてTypeNameとかParamNameにしたほうが良い)

consturctメソッドや中で呼んでるrawConstructメソッド的にdecode失敗したらEitherで返すみたいなことはできないっぽいので、そういうことがやりたい場合はまだ難しそうですね。

ある程度パターン化できてるので、さっくりderivingしたいだけの時はかなり便利そうです。(decodeとか書くとdecode自体が面倒なのでさくっとという範疇ではない気がしますがそれはdecode自体の問題)

HackerTackle2018でPonyの発表をしてきました

HACKER TACKLE というイベントでPonyについて発表してきました。

タイトルの主張がやや強めになってしまった感がありますが、僕としてはPony自体というよりPonyがチャレンジしていること、それによって到来する未来に注目してもらえたらなーみたいな素朴な気持ちでつけました。

そんな感じの内容だったのでPony入門と見せかけてPonyのコードは少ししか出てきませんでした。 (でもスライド発表で文法の話しても文字が小さくて見えなかったりするしまあいいかみたいな気持ち・・(( ◜◡‾))

既に発表したことのある内容と被りすぎず、でもそらし過ぎて上級者向きにならないように・・など色々考えました。が!入門的な内容を改定を重ねつつ発表するのはやっぱり難しいですね。 (マイナー言語エバンジェリストあるある(?))

次のセッションがRustコミッターの発表でタイトルが「Concurrency in Rust」という状況でConcurrencyに長所があるPonyの話をするのはなかなか緊張感のある形でしたが、 自分としてはConcurrencyの問題は型で(部分的には)解決できる!というのが世の中に伝わるのが一番(ある意味Ponyの繁栄よりも)重要だと思っているので、むしろ良かったのかなと思います。

現段階でのPonyは結構独自感がありますが、mutable/immutableやモナドのような概念が様々な言語に取り入れられて来ているのと同じ流れでPonyの取り組みの成果みたいなものもどんどん他の言語に取り入れられる流れができると良いなーと思っています。今かどうかは分かりませんがそのうちきっと出来るはず!
そういった流れをいち早くキャッチアップするために、新しい取り組みを行っている尖った言語に触ってみるというのも一興なのではないでしょうか。つまり今すぐponycをインストールしてIntroduction · Pony Tutorialをやりましょう!!

www.slideshare.net

consulの情報を取得するslack bot

consul公式のgo clientを見たらわりかし簡単にたたけそうだったのでノリで作りました。

GitHub - matsu-chara/conbot: consul reader slack bot

特にbot側では対応していないけど環境変数とかを与えるとauthとかhttpsとかやってくれるので楽。 https://github.com/hashicorp/consul/blob/v1.0.6/api/api.go#L282

catalogを見たり、各サービスのIP+portやNoteの一覧が見れたりします。 細かい絞り込みをやったり一覧で取ろうとするとN+1回呼ばないと行けないっぽいのがやや残念だけどゆっくり叩けば死なないかなという気持ち。

Jenkins Groovy ScriptでThrottle Concurrent Builds Pluginのカテゴリーを設定する

ジョブ設定が自動化されててもjenkins設定自体が自動化されてないと意味がない!ということでちょっと自動化してみました。

対象

今回の対象は Throttle Concurrent Builds Plugin - Jenkins - Jenkins Wiki 用のシステム設定で、以下のように表示される部分です。 ※ pluginは v2.0.1で確認しています。

f:id:matsu_chara:20171221132459p:plain

スクリプト

スクリプトコンソールで以下のスクリプトを実行するとカテゴリーや最大実効数が設定されます。

// jenkinsのスクリプトコンソールで実行する場合はimportは省略可能
import jenkins.*
import jenkins.model.*
import hudson.*
import hudson.model.*

def instance = Jenkins.getInstance()
def throttlePluginDescriptor = instance.getDescriptor("hudson.plugins.throttleconcurrents.ThrottleJobProperty")
def deployAllCategory = new hudson.plugins.throttleconcurrents.ThrottleJobProperty.ThrottleCategory("foo", 4, 4, [])

throttlePluginDescriptor.setCategories([deployAllCategory])
throttlePluginDescriptor.save()
throttlePluginDescriptor.load()

setCategoriesなどのメソッドはソース ( https://github.com/jenkinsci/throttle-concurrent-builds-plugin/blob/throttle-concurrents-2.0.1/src/main/java/hudson/plugins/throttleconcurrents/ThrottleJobProperty.java ) から探すのが良さそうです。(descriptorを呼んでやればよいということを探し当てるのに時間がかかった・・。)

プラグイン設定の自動化は他にも https://github.com/glenjamin/jenkins-groovy-examples のような方法もありそうでした。

まとめ

実行はansibleのjenkins_scriptプラグインjenkins_script - Executes a groovy script in the jenkins instance — Ansible Documentationなんかを使えそうです。

ansibleならpluginは jenkins_plugin - Add or remove Jenkins plugin — Ansible Documentation を使えば自動化できますし、 環境変数やクレデンシャルなども Jenkinsの構築それ全部自動でできるよ - Qiita を参考にjenkins_scriptプラグインで自動化できそうなので、だいたいのものは設定できそうです。